ビタミンC誘導体は肌本来の力を強めてくれる

ビタミンC誘導体は肌本来の力を強めてくれる

ビタミンCの豊富に含まれているレモンなどを食べると、美白・美肌効果が期待でき、食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。ビタミンCは化粧品などにも用いられていて、その時にはビタミンC誘導体という形が変化したものが使用されています。

 

壊れやすいビタミンCを、肌に直接取り入れることは課題となっていました。しかし、ビタミンC誘導体にすることで、肌への浸透力が高まり、肌に届いた後にビタミンCへと変化するのです。

 

ビタミンC誘導体には抗酸化作用があり、肌の老化へと繋がる活性酸素を除去します。他にも、新陳代謝を高める効果、コラーゲンの生成を促す効果など様々な効果があります。

 

ビタミンC誘導体と言えば、美白化粧品などで目にすることが多いですね。ビタミンC誘導体には、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の生成を阻害し、メラニンの生成を抑え、紫外線によるシミやそばかすなどを予防する効果があります。

 

そして、メラニン色素を還元する働きもあることから、できてしまったシミを薄くする美白効果もあるのです。まさに美白や美肌のためにうってつけのビタミンC誘導体ですが、弱点もあります。

 

ビタミンC誘導体は刺激の強い成分のため、敏感肌や乾燥肌の方は注意しなければなりません。ビタミンC誘導体の刺激は、肌の乾燥に繋がってしまうのです。

 

また、ビタミンC誘導体には皮脂の分泌をコントロールする働きがあり、さらに肌が乾燥してしまいます。乾燥を防ぐためには、油溶性のビタミンC誘導体を使うのもいい方法です。
ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があり、水溶性を使いたい時には保湿成分の高い成分が配合されたものが良いでしょう。

 

または、ビタミンC誘導体化粧品を使った後には、しっかりと保湿を心がけましょう。保湿さえすれば、ビタミンC誘導体には、肌の元々の力を高める効果があるため、乾燥肌の改善も期待できます。

 

肌の新陳代謝を高め、コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体は、肌のターンオーバーを正常化し、水分の保持能力を高め、肌本来の力が強めてくれます。。ビタミンC誘導体を注意して使いながら、肌力を高めていきたいですね。