ターンオーバーを正常に保つためには保湿効果も期待できる化粧品を選ぶ

ターンオーバーを正常に保つためには保湿効果も期待できる化粧品を選ぶ

美白化粧品とは、既にできてしまったシミを消すよりも、メラニンの生成や黒色化を防ぎ、シミやソバカスができにくくするのを目的として作られた商品がほとんどです。

 

 

よって紫外線の強い季節だけではなく、一年を通して継続して使い続けていくことが大切となります。

 

 

しかし、美白効果をメインとした化粧品には、乾燥しやすいものもあります。冬場は特に乾燥も気になりますし、肌を紫外線から守るためのバリア機能を高めたり、ターンオーバーを正常に保つためには、日頃から肌にしっかりと潤いを与える必要がありますので、美白に加え保湿効果も期待できる化粧品を選ぶ事が重要です。

 

 

主な保湿成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが挙げられます。また、有効な美白成分はビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などです。ハイドロキノンも強力な美白成分として有名になりましたが、こちらは非常に効果が高いものの、肌への負担も大きくなりますので注意が必要です。美白化粧品を購入する時は、必ず成分表示を確認すると良いでしょう。

 

既に日焼けをしてしまった場合にも、保湿することが重要です。日焼けとは軽い火傷をしているような状態なので、直後は美白化粧品で刺激を与えるよりも、まずは肌をクールダウンさせる必要があります。その後しっかりと保湿をすることで、それ以上の肌へのダメージを抑えることができるのです。

 

 

外側からの美白は肌が落ち着いてから始めるのがベストですが、ビタミンの多い食べ物を食べるなど、内側からのケアは早めにしておくことをお勧めします。メラニンの生成を抑えてくれるビタミンCの多い食べ物ならレモンやイチゴ、アンチエイジング効果のあるビタミンEならアボカドやナッツ類がお勧めです。どちらにも抗酸化作用があり、両方一緒に摂ることで更に効果が高まります。

 

 

ビタミンCは必要以上に体内に留めておくことはできませんので、大量に摂取するよりも、こまめに補給するのが望ましいです。